Forest of Resonating Lamps - One Stroke, courtesy teamLab Forest of Resonating Lamps - One Stroke, courtesy teamLab Forest of Resonating Lamps - One Stroke, courtesy teamLab Forest of Resonating Lamps - One Stroke, courtesy teamLab

「ミューズ」 プレゼンツ

アート・イン 360

多くのおとぎ話のように、没入型アートの世界は想像を超えるものです。観る者を舞台の中央に配し、五感を刺激することで、遥か彼方の世界に生命が吹き込まれます。このような映像の革新により、パワフルで魅惑的なデジタルストーリーテラーの時代が到来しました。

観る人は受動的な参加者ではなく、積極的に関与し、感覚を解き放ち、新しい世界を提示します。これは、360度の動画アートの風景です。

シーンを想像してください。イメージ、光、映像が脈打つ空間で、観る人を魅了します。これは、没入型アートであり、比喩的な第四の壁を越えた体験を生み出します。鑑賞者とアートの間にある空間は、新しい次元を提供する作品として深みを増しています。観る人は受動的な参加者ではなく、積極的に関与し、感覚を解き放ち、新しい世界を提示します。これは、360度の動画アートの風景です。

Yayoi Kusama - Infinity Mirrorer Room art project

画像:草間彌生 「Infinity Mirrored Room - Filled with the Brilliance of Life(インフィニティ・ミラー・ルーム - 生命の輝きに満ちて)」- 2011年/2017年 テート。アーティスト、オオタファインアーツ、ヴィクトリア・ミロ提供、2015年発表、2019年入選 © YAYOI KUSAMA

デジタルで静止した生活とは対照的に、交流したいという私たちの共通の欲求が、没入型アート現象の人気を新たな高みへ押し上げています。鑑賞者の関与のルールは、大規模で大きなインパクトという新しいマントラと相まって、根本的に変化しています。昨年、アート界の象徴的なマイルストーンであるテート・モダンの20周年を記念して選ばれた草間彌生氏の「Infinity Mirror Rooms」の衝撃的なインスタレーションを考えてみてください、この展覧会は2021年3月に開幕します。ここ数年の草間作品展のたびにそうであったように、壮絶な行列ができることは間違いないでしょう。

 

画像:草間彌生 「Infinity Mirrored Room - Filled with the Brilliance of Life(インフィニティ・ミラー・ルーム - 生命の輝きに満ちて)」- 2011年/2017年 テート。 提供:アーティスト、オオタファインアーツ、ヴィクトリア・ミロ提供、2015年発表、2019年入選 © YAYOI KUSAMA

Yayoi Kusama - Infinity Mirrorer Room art project

空間の没入力を実験する大規模な芸術機関の関与は、特に動画にまで及びます。かつてなじみのある映画体験は、テクノロジーによってVRからARやAIに変わりつつあり、この新しい風景では鑑賞者が主導的な役割を果たしています。観る人の足元で魚が飛び跳ね、花が開いて触れ、滝が体の周りを流れ落ちる動画アートワークに入ることを作品に入ることを想像してみてください。  これは、東京をはじめとする主要都市で美術館全体を覆う拡張現実の作品を制作している国際的なアート集団、チームラボの作品です。  世界で最も訪問者数の多い単一アーティストの美術館にランクインしているのも頷けます。  ザ・ベネチアン・マカオに昨年オープンした最新の博物館では、高さ8メートルの壁に、花が咲く美しい風景の谷が並んでいます。 チームラボの無限のアートの広大な部屋は、他の中では際立っています。チームラボのショーに足を踏み入れると、生きた壁紙が感覚的なエンゲージメントを保証します。あなたの周りのアートを見て、触れて、感じてください。

 

画像:呼応するランプの森 - One Stroke、提供:チームラボ

Teamlab's immersive exhibition

このような体験への欲求から、ニューヨークの優良ギャラリーPaceの社長兼CEOであるマーク・グリムシャーとモリー・デント・ブロックルハーストはSuperblueを立ち上げ、年末にマイアミに最初の場所をオープンする予定です。商業ギャラリーの白壁の展示から離れ、Superblueは没入型の展示を行う体験型のアートスペースのネットワークを作成します。営利目的のベンチャー企業であるこの新しいハイブリッド企業は、超一流のアーティストにチケットの売り上げの一部を支払います。

「アーティストたちは、私たち自身についての新しい考えを呼び起こし、私たちと他の人々や世界との関係を再構築させるような、特別な世界を作り上げるのです… 」

マーク・グリムシャー
Superblue共同設立者

Superblueの共同設立者であり、Paceの社長兼CEOであるマーク・グリムシャーは、次のように説明しています。「アーティストたちは、私たち自身についての新しい考えを呼び起こし、私たちと他の人々や世界との関係を再構築させるような、特別な世界を作り上げるのです… Superblueは、アートのエコシステムに必要な進化と破壊をもたらし、アーティストが最も意欲的なアイデアを実現するために必要なリソースを提供し、作品そのものに不可欠である、彼らが思い描いた方法で大衆を巻き込んでいきます」

 

マイアミでの発表には、エス・デヴリン、ジェームズ・タレル、チームラボのほか、緻密なアニメーションと実写映像でリアルとイマジネーションを表現するニューメディアアーティスト、ジャコルビー・サッターホワイトなどの著名なアーティストが参加することが決定しています。

 

ロンドンのサーペンタイン・ギャラリーの柱であり、ミューズ・ドリーム・コミッションの審査員でもある、デジタルアートの熱烈な支持者、ハンス・ウルリッヒ・オブリストが、イマージョンによるデジタル・ストーリーテリングのユニークな動きについて考察しています。「ムービングイメージはループという概念にとじこめられています。映画やビデオのインスタレーションを上映するときはいつも、それが繰り返される瞬間があります。これを崩したのが、シミュレーションの登場です。それは映画というより、木に近いデジタルな生き物です。それが全く新しいアートを生み出すと思うのです」

ムービングイメージはループという概念にとじこめられています。映画やビデオのインスタレーションを上映するときはいつも、それが繰り返される瞬間があります。これを崩したのが、シミュレーションの登場です。」

ハンス・ウルリッヒ・オブリスト
サーペンタイン・ギャラリー キュレーター

観る者を舞台の中央に据えた「新しいアートの形」は、それを求める人たちだけのものである必要はありません。公共空間に設置されたアートは、道行く人を魅了する性質があります。多くのアーティストが公共の場でのディスプレイを活用し、私たちがすでに知っている世界に非日常的な宇宙を作り出してきました。新しいキャンバスはビルボードです。ハイテクを駆使した利便性とギャラリーが夢見る観客数を誇るパブリックアートは、パンデミック後の安全性を説き、鑑賞者を遠くから没入させることができるのです。

 

デジタル・プラットフォームであるCirca Artは、ロンドンのピカデリーサーカスにある巨大な電光掲示板に、毎月新しいアーティストを起用し、アイ・ウェイウェイやパティ・スミスなどのアーティストを起用しています。ニューヨークのタイムズスクエア・アートも同様に、毎日通りを歩く50万人の人々と交流しています。ドリーム・コミッションの最終選考に残ったアーティスト、ソンドラ・ペリーの作品は、最近「Midnight Moment(ミッドナイトモーメント)」プログラムのために、タイムズスクエアの70のスクリーンを波打つ「Flesh Wall (肉の壁)(2016-2020)」で埋め尽くしました。そのスケールと効果は、無意識に通りすぎる観客を新しい世界に触れさせ、これらの最近の取り組みにおいて、このジャンルに深い関連性を生み出しています。

 

下のビデオ提供:タイムズスクエア・アーツのMidnight Moment(ミッドナイトモーメント):ソンドラ・ペリーによる「Flesh Wall(肉の壁)」、ビデオ撮影。Tatyana Tenenbaum。

また、ロンドンのウエストエンドにある新しいメディア街「Outernet」の一部として、世界最大のデジタル展示場として巨大なスクリーンが常設されます。有名なアートディレクターであり、アーティストでもあるマルコ・ブランビッラは、パブリックアートに関して初心者ではありません。彼の最近の展示は、Acute Art最大のパブリックVRフェスティバル「Unreal City」でのものです。ブランビッラはギリシャの哲学者に由来する「4つの気質」をもとに、女優のケイト・ブランシェットを仮想の水晶玉に入れ、他のAcute Artアプリユーザーに「I Love You」とささやきました。

 

画像:マルコ・ブランビッラ、4つの気質AR。拡張現実(Augmented Reality)。提供:アーティストおよびAcute Art。

AR project by Marco Brambilla

この冬、Outernetは、動画アートを新たなレベルの没入感へと導き、ベテランのパフォーマンス・アーティスト、マリーナ・アブラモヴィッチの新作ドラマティック・オペラ「The Seven Deaths of Maria Callas(マリア・カラスの七つの死)」を360度、床から天井まで、印象的な23000平方フィートの大スクリーンで放映し、映像のスケール力を証明します。

 

没入型、体験型のアートは、新しい常識に歓迎されます。トリッピーで超感覚的なアートは、私たちが知っている現実を超越する能力があり、他の方法では実現不可能と思われたかもしれない新しいストーリーを切り開くことができるのです。

旅を続ける

「偉大さを呼び起こす」をもっと深く掘り下げてみませんか。

アルゴリズミック・ビューティーからマルチセンシリー・インスタレーションまで、夢の国へ誘うような没入感を体験してください。

2021: Looking Ahead to a Year of Moving Image Art

アルゴリズミック・ビューティーからマルチセンシリー・インスタレーションまで、夢の国へ誘うような没入感を体験してください。

2020年、これまでにないデジタルへの移行が創造性に火を付け、前例のない規模でオーディエンスの目に触れるようになったことで、映像作品は新たな意味を持つようになりました。

ミューズ - 映像の1年

2020年、これまでにないデジタルへの移行が創造性に火を付け、前例のない規模でオーディエンスの目に触れるようになったことで、映像作品は新たな意味を持つようになりました。

ドリーム・コミッションは、世界中の新進・中堅アーティストが制作した映像作品を称えます。

ドリーム・コミッション

ドリーム・コミッションは、世界中の新進・中堅アーティストが制作した映像作品を称えます。