Close-up detail of Technical Weave, Rolls-Royce Bespoke's sparkling interpretation of carbon fibre, accented with tinted strands of aluminium thread Close-up detail of Technical Weave, Rolls-Royce Bespoke's sparkling interpretation of carbon fibre, accented with tinted strands of aluminium thread Close-up detail of Technical Weave, Rolls-Royce Bespoke's sparkling interpretation of carbon fibre, accented with tinted strands of aluminium thread Close-up detail of Technical Weave, Rolls-Royce Bespoke's sparkling interpretation of carbon fibre, accented with tinted strands of aluminium thread

ビスポークの技術

テクニカル・ウィーヴ

ロールス・ロイスは、カラフルな工夫でカーボンファイバーに新たなイメージを与えています。

「テクニカル・ウィーヴ」は薄く色付けられたアルミニウムの糸の束でアクセントが付いた、カーボンファイバーの華々しいビスポーク的解釈です。通常この素材が連想させる単色とは対照的に、テクニカル・ウィーヴはカラフルな見た目です。ここではLEDの証明で写真に収められた、kのまばゆい新しい装備は、マザリーン・ブルー、ブレナー・グリーン、オースティン・イエロー、セント・ジェームズ・レッドで創られています。これは私たちの中東の顧客のために開発された、スポーティブ・コレクションの各車のダッシュボード全体にわたり限定して見ることができます。

Technical Weave, Rolls-Royce Bespoke's sparkling interpretation of carbon fibre, photographed here with LED lighting

「テクニカル・ウィーヴ」は、ビスポーク・チームが1年かけて徹底した開発を行いました。

1981年に自動車用としてデビューして以来、カーボンファイバーはその複雑なパターン表示と比類のない性能で高級車のオーナーを魅了してきました。そのメリットは多いけれど、カーボンファイバーを扱うことは、非常に骨が折れる試みです。 注意しないで扱うと、間違えて指紋をつけたというような些細なことで原料が傷つきやすくなります。

Close-up detail of Technical Weave, Rolls-Royce Bespoke's sparkling interpretation of carbon fibre, accented with tinted strands of aluminium thread

カーボンファイバーは、以前に他のロールス・ロイスのラインナップにも見られましたが、色の追加はまれなコンセプトです。

ビスポーク・チームは、コレクションのために採用された「テクニカル・ウィーヴ」の隅から隅までを直接、検査しました。複数のメンバーが同じテキスタイルを確認し、幾何学的完璧さを確かめ、微細な欠点を絶対に見逃さない任務を負いました。この段階は、室内で太陽光を模すことで、テキスタイルの欠陥をさらす夜間用サーチライトを使って行われました。

 

一度だけ慎重にクリーニングされた素材が完璧だと見なされました。細心の注意を払う、手作業のプロセスです。原材料の不安定な性質のため、機械による自動洗浄は選択肢としてありえませんでした。手で羽のように軽い圧力をかけながら、純綿の布で出来上がりを損ねる可能性があるほつれた繊維をすべて拭い去りさりました。

Close-up detail of Technical Weave, Rolls-Royce Bespoke's sparkling interpretation of carbon fibre, accented with tinted strands of aluminium thread
Interior dashboard detail of Technical Weave, Rolls-Royce Bespoke's sparkling interpretation of carbon fibre, accented with tinted strands of aluminium thread

次に、「テクニカル・ウィーヴ」の特徴的なきらめきを際立たせる高光沢のレイヤーが施されました。ラッカーは電子ゲージを使って磨き、滑らかにされた後にすべて手作業でバフ仕上げされました。この作業は機械だと浸食し過ぎて保護ラッカーを貫通し、その下にある繊細な糸を損ねてしまう危険があるからです。この非常に時間のかかるプロセスは、求められた鏡のような輝きが出るまで2度繰り返されました。

External side view of a Rolls-Royce motor car under lighting to accentuate the signature colour palette of Technical Weave

「テクニカル・ウィーヴ」 はWRAITHのダッシュボードにあしらわれ、キラキラと光りながら乗る人を迎えました。


旅を続ける

偉大さを呼び起こすストーリーをもっと深く掘り下げてみませんか。

ロールス・ロイスの職人たちが貴方だけのものを創り上げるお手伝いをし、貴方のビジョンに息を吹き込みます。

ビスポーク - 技術

ロールス・ロイスの職人たちが貴方だけのものを創り上げるお手伝いをし、貴方のビジョンに息を吹き込みます。

スタイル、感動、スピードのあるスポーティなクーペ

WRAITH

スタイル、感動、スピードのあるスポーティなクーペ

精緻な職人技とエレガンスが、私たちの限定6ピース・コレクションで相対します。

荷造りの極意:WRAITH ラゲッジ

精緻な職人技とエレガンスが、私たちの限定6ピース・コレクションで相対します。